スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    罪とか罰とか

    キラキラ comments(0) - ごーがん
    評価:
    ---
    メディアファクトリー
    ¥ 3,509
    (2009-08-07)

     ケラさんの監督作品を観るのは、「1980」以来。
    「1980」が時代を映そうとしすぎて、
    その時代にシンパシーがある世代にはいいのだけど、
    それら以外には届きにくく歯がゆい思いをした。

    あ、そういや「グミ・チョコレート・パイン」も観たわ>ケラさん監督作品。

    まだまだケラさんは面白い映像作品作れる筈だと思っていたので、
    前から気になっていたこの作品に触れて、
    結構な満足感を感じている。

    奥菜恵はやはりいい役者であると再認識。

    ウルトラミラクルラブストーリー

    キラキラ comments(0) - ごーがん
    物語の始め、青森県の方には申し訳ないが、
    全く何を喋っているのかがわからなかった。
    松山ケンイチと麻生久美子の主演ということで期待していた。
    正直なところは「うーむ・・・」
    騙された!ってことはない。
    それなりに面白い。
    だけど、もう一つ突き抜けたところがあってもよかったのかなあ、と。

    星3つ付けたかったが、横浜聡子監督のこれからを見守りたいので、
    限りなく3つに近い2つ星。

    惜しいんだよな。 

    フィッシュストーリー

    キラキラ comments(0) - ごーがん
    評価:
    ---
    アミューズソフトエンタテインメント
    ¥ 3,870
    (2009-09-25)

    「アヒルと鴨のコインロッカー」に引き続き、
    伊坂幸太郎×中村義洋コンビの作品。

    逆鱗というバンドが遺した曲が人の人生を変えていく。
    音楽モノにはすぐに飛びつく僕には最適な題材。

    とりあえずスケールがでかい。
    それをうまく繋げた中村監督に拍手。

    星4つ分位はあげたいところなのだが、
    「アヒルと鴨のコインロッカー」があまりにも素晴らしすぎたので、
    ひとつ星を減らしてしまいました。
    でも、オススメですよ(^^)

    スラムドッグ$ミリオネア

    キラキラ comments(0) - ごーがん
    評価:
    ---
    メディアファクトリー
    ¥ 2,861
    (2009-10-23)

    久しぶりのブログ更新である。
    またこれからボチボチとやっていきたい。
     
    今日、観たのは「スラムドッグ$ミリオネア」。
    とても気にはなっていたが、どんな作品に鳴っているかは見当もつかなかった。
    そして、いい意味で裏切られた。
    ダニー・ボイルの中で一番ではないか?

    個人的に「トレインスポッティング」を抜いたな。

     構成的にも「過去・現在」がうまくフィットしている。
    そして、ミリオネアに気をとられがちだが、これは、とても素敵な純愛映画。
    いい作品にまた巡りあえた。

    パコと魔法の絵本

    キラキラ comments(0) - ごーがん
    評価:
    ---
    アミューズソフトエンタテインメント
    ¥ 2,860
    (2009-03-06)

     ずーっと「西の魔女が死んだ」とこの作品がごっちゃになっていた。
    で、試しに観てみよう!と思って観てみたら・・・

    ハマった!!

    「パコと魔法の絵本」たまらん!
    って、「下妻物語」や「嫌われ松子の一生中島哲也監督だったのか、知らなかった。
    やはり、後藤ひろひと原作だけあって、
    舞台ぽく楽しく観られました。

    アヤカ・ウィルソンと役所広司の関係がたまらなく良い。
    ズバリ名作。

    東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    キラキラ comments(0) - ごーがん
     多分、スペシャルドラマも連続ドラマも観たけど、
    やっぱり映画かなあ?
    内田也哉子からの樹木希林へのオカンリレーも納得。
    松尾スズキも映画という時間的制約のなかでよく書き上げたなあ。
    やはりうまい役者さんと脚本、スタッフが揃えば、
    いい作品が出来る例。

    そうそう、こないだ
    「色即ぜねれえしょん」の舞台挨拶で、
    リリーフランキーを生で拝めて感激したなあ。

    ぐるりのこと。

    キラキラ comments(0) - ごーがん
    評価:
    ---
    VAP,INC(VAP)(D)
    ¥ 3,700
    (2009-02-25)

     あの「ハッシュ!」の橋口亮輔監督の作品だけあって期待が大きすぎたかな。
    前作「ハッシュ!」が凄すぎたので。
    リリー・フランキーがとてもいい演技をしていて。
    来月公開の「色即ぜねれいしょん」も楽しみである。

    全体的にも安心して観られる作品であることは間違いはない。
    だけど、期待値を高いところにもっていったので星3つ。

    自分自身、パートナーと暮らすって事になったら、
    僕も見方が変わるのかな。

    あと、実際の事件・年代とリンクさせていって、そこら辺がリアル。

    「ハッシュ!」に出ていた、片岡礼子と田辺誠一がちらりと出ているところにニヤリ。
    ああ、片岡礼子の主演作がまた観たくなった。
    誰か撮ってくれないだろうか?

    んで、加瀬亮、江口のりこ、新井浩文がこれまたチラッと出ていて
    とても安心して観られる映画でおました。

    コンセント

    キラキラ comments(0) - ごーがん
    評価:
    田口ランディ
    ショウゲート
    ¥ 2,263
    (2006-06-23)

     こないだ観た「アンテナ」に引き続き、
    田口ランディ原作の映画。
    市川美和子主演。
    妹の美日子ではない。
    「イン・ザ・プール」に出演しているほう。
    いつも間違えてしまう。
    姉妹だから仕方ないね。

    妹の実日子は、ドラマ「喰いタン」か。
    ってどういう記憶を・・・w
    「めがね」も観たいのだが>実日子出演の映画

    美和子熱演。
    こういう見た目クールな女優さんに熱演されると
    僕は参ってしまう。
    それだけで素晴らしい。

    だけどなー、兄役の木下ほうかに持ってかれたかなあ。
    猪俣ユキの「17才」で初めて観た木下ほうか。
    あれ以来、顔が記憶に焼きついている。
    美男美女だけでは映画は造ることはできない。

    しかし、朝にメシを食いながら観る映画ではない。
    「アンテナ」が思いのほか良かったので、その分星の数をひきました。

    男はソレを我慢できない

    キラキラ comments(0) - ごーがん
    評価:
    大宮エリー
    ジェネオン エンタテインメント
    ¥ 1,139
    (2007-03-09)

     うん、我慢できない(笑)
    奇をてらった演出も受け入れる事が出来たので、
    気楽に観る事ができた作品です。
    バカバカしいけど、それが愛しいな。
    映画らしい映画を求める人にはちょいとキツイかもね。

    でも、壁を打ち壊しちゃいなよ。

    ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

    キラキラ comments(0) - ごーがん
    評価:
    ガイ・リッチー
    ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
    ¥ 1,260
    (2007-05-30)

    こんなもんだろう。
    イギリスらしい映画。
    どうも、バックに流れるオーシャン・カラー・シーンやら、
    そちらのほうに気をとられてしまった。

    本筋より、BGMのほうに軍配。
    まあ、トレインスポッティングも印象的だったけどさ、
    それ以上に本筋で楽しませてくれたし。
    そこら辺が違う。

    まあ、人の好みってあるからね。
    好きな人はホント画面に食いつく映画じゃないかな?
    最後までわかんないし。
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM